トマトにとまと 植え付け編

鉢の代わりに袋のまま苗を植えられる プロトリーフの “バックカルチャーシリーズ”
その中でも人気の『トマトにとまと』に、ミニトマトを植えてみましょう!

 

トマトの苗の植え付け適期はGW前後の4月末~5月中旬が目安。

ではスタートです。

用意するのは。。。

トマトにとまと(培養土)とお好きなトマトの苗。

鉢の代わりに袋のまま使うので、この場合はミニトマトがお勧めです。

(今回使用したのはデルモンテのトゥインクル)

はじめに、袋の下にある☆マークにハサミなどで水抜き穴を開けます。

次に袋上部の点線に沿って切り込みを入れます。


土が袋の中で圧縮されているので、よくほぐしましょう。

いよいよ植え付け。
茎を指で挟み。。。

そっと抜き取ります。

あらかじめ苗を植える部分を掘り起こし、植えつけます。


苗の周りに土を寄せ、手で軽く押さえます。


ここがポイント!!!
苗を植えるときは、正面に蕾が来るように植えましょう。

そうすることで実が手前(正面)につき、収穫しやすくなります。

支柱を立てて。。。(今回は合掌式で3本立てましたが、行灯仕立てにしても1本でもかまいません。)


底の穴から染み出るくらいたっぷり水をやります。

品種がわかるようにラベルを付けておきましょう。



これで完成♪
ベランダでも育てられます! 是非チャレンジしてみてくださいね☆
プロトリーフではこんなイベントを開催!

トマキッズを撮ろう!2011

 

youtubeでも詳しい栽培方法を動画でUPしています。

http://www.youtube.com/protoleaf#p/u/13/UimQevvCmPY


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

家庭菜園 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント