トマトにとまと お疲れ様でした!

お盆も過ぎたというのに、毎日うだるような暑さですね。

今日、この夏の最高気温の記録を更新したとか。。。

植物にとっても過酷な環境が続いています。

『トマトにとまと』に植えたミニトマトは残念ながらもう限界(>_<)

ハダニの被害も拡大してしまったので、今日を持って引退です。

摘心したすぐ下の花も着実したのですが、もう食べられる状態ではないので泣く泣くさようならです。

ちゃんと数えてはいないのですが、だいたい40~50個は収穫できました♪

自分的には良く出来たかな?と思います。

欲を言えばもうちょっと環境の良いところで育ててあげたかったな。。。

お店のスペースではどうしても風通しが悪く(他の植物がたくさんあるので)

特にこの猛暑&熱帯夜でハダニや害虫に負けてしまった気がします。

まだ頑張って実がついていますが、色は薄く食べられそうにありません(泣)

最後までよくがんばりました!

ハダニの害↓

ありがとうと感謝の気持ちを込めて、いざ!

処分するときは細かく茎を切ってゴミとして出します。

すっかりすっきり。

土は。。。

『トマトにとまと』の袋をハサミで切り開き、根っこは土を払ってゴミへ。

袋はビニールなので燃えないゴミへ捨ててください。

(各自治体のゴミの分別に従ってくださいね!)

土は各自治体によって処分の仕方が違うのでお住まいの地区の自治体へお問い合わせ下さい。

また、この土を再利用したい場合はまず根っこなどを目の粗いふるいにかけて取り除きます。

ゴロ石は再生できますので、取っておきます。

ふるいにかけた土を再度、1、5~2ミリ目の振いにかけて、みじんになった土(細かいさらさらの土)を捨てます。

残った土が再生できる土です。

この土にはトマトを植えたときに出た病害虫が潜んでいる可能性があるので殺菌消毒する必要が有ります。

簡単な方法としては太陽熱の効果で蒸気消毒し、病菌や害虫を駆除します。

湿った土をポリ袋に1/3~1/2量程入れて密封します。(この時、土が充分に水分を含んでいないと効果がないので、ジョウロで充分に水をかけます)

コンクリートか夏の直射日光の充分に当たるところに平たく置いてさらします。ときどき袋をかえして約10日ぐらい当てます。

この代用として、プランターにポリ袋をひいて同じように直射日光に当ててもいいです。

最後にこの再生した土では有機質などが少なくなっているので、プロトリーフの「プランターリサイクル材」や「古い土の再生材」などを混ぜます。

今後草花を育てるのに使えますので、手間はかかりますがリサイクルするのもおすすめですよ☆

約3ヵ月半育てててみましたが、まだまだ反省する点が多く改良点も見えてきました。

やっぱり環境は大事だな~とも思いました。

来年はもっと上手く出来るかな?

今後も色々挑戦していきたいと思います♪

さて、秋冬シーズンは何を育てようか?思案中です♪


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

家庭菜園 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント